葉酸の欠乏でおこる症状


美的ヌーボ公式通販サイト


<% pageTitle %>

葉酸の欠乏でおこる症状

葉酸は人体で生成することはできません。

なので、肉や野菜などから、直接摂って吸収するしかありません。

 

その葉酸がもし、足りなくなってしまうとどうなってしまうのでしょうか_。

簡単にまとめてみました。

巨赤芽球性貧血

簡単に言ってしまえば貧血です。

酸素を運ぶ力が低下することで起きます。

葉酸は細胞分裂や新陳代謝には欠かせない栄養素なので、妊婦さんだとおなかの中の子どもの成長に伴って、葉酸必要量も増加して欠乏状態に陥りやすくなります。それが巨赤芽球性貧血を起因させます。

妊婦さんは出産後は必要な葉酸の量が元に戻るので出産をすることで、症状が治るケースもよくあります。

 

これはビタミン12が足りなくても発症します。

 

何故かというとビタミンB12と葉酸は互いに協力関係にあるためです。

 

動脈硬化のリスクの上昇

葉酸が欠乏することで、ホモシステインの血中濃度が上昇します。

これが上昇することで、動脈硬化につながる働きが多く作用し、動脈硬化につながるリスクが高くなります。

 

口内炎・肌荒れ

葉酸が欠乏することで、代謝が高く細胞分裂も活発な部分である皮膚の表面や校内に、炎症、肌荒れが起こることもあります。

 

妊娠中による葉酸の欠乏

胎児の神経管欠損や、脳障害の可能性が高まります。

妊娠している間は体内の子どもも葉酸を必要とするので、通常より葉酸が必要となり欠乏症になりやすいです。

 

葉酸が足りなくなる要因

食事で足らなくなることがほとんどですが、そのほかにも胃や、小腸の切除による吸収障がい、アルコールの過剰摂取、妊娠による葉酸の需要の増加、下痢による障がいなどがあげられます。

逆に葉酸が欠乏することによって下痢や、口内炎などを引き起こす要因ともなりえるので、注意が必要です。


美的ヌーボ公式通販サイト


<% pageTitle %>